グランクレール 東急不動産グループのシニア住宅グランクレール 東急不動産グループのシニア住宅 クレールレジデンス横浜十日市場クレールレジデンス横浜十日市場

文字のサイズ

0120-109-390

資料請求

コンセプト

私らしくを、いつまでも。 私らしくを、いつまでも。

「ドレッセ横浜十日市場」(右)と「クレールレジデンス横浜十日市場」(左)の外観完成予想CG

クレールレジデンス横浜十日市場 5つの力 複合開発の力 交流の力 安心の力 先進の力 環境の力

複合開発の力

  • 「環境未来都市 横浜」が推進するモデル事業として、
    公募によって選定された複合開発プロジェクト。
    ※2019年開業予定。開業は遅れる可能性がございます。店舗の業態は未決定です。
  • 環境未来都市 横浜

総敷地面積は約2万3,000㎡超。
壮大な街づくりの一画に、東急不動産HDグループのシニア住宅
『クレールレジデンス横浜十日市場』が誕生します。
※総敷地面積2万3,230.27㎡(クレールレジデンス横浜十日市場:8,488.21㎡・ドレッセ横浜十日市場:1万4,742.06㎡)

「ドレッセ横浜十日市場」と「クレールレジデンス横浜十日市場」の敷地イメージイラスト 「ドレッセ横浜十日市場」と「クレールレジデンス横浜十日市場」の敷地イメージイラスト

これまでに培ってきた「安心の力」が、新しく生まれる「街の力」でスケールアップ。
この街でしか出会えない、大きな「やすらぎ」に、ぜひご期待ください。

  • ●全181戸(シニアフロア91戸・ケアフロア90戸)
    訪問介護事業所併設、デイサービス、コミュニティカフェなども。

    ※2019年春開業予定。開業予定時期は変更になる場合があります。また、計画が変更となる場合があります。予めご了承ください。
  • ●「ミニスーパー」※1など、
    多彩な生活利便施設※2を設予定。

    ※1. 2019年秋開業予定(隣接する『ドレッセ横浜十日市場』敷地内)。開業予定時期は変更になる場合があります。また、計画が変更となる場合があります。予めご了承ください。生活利便施設は運営者によりサービス内容が変更になる場合があります。
    ※2. 生活利便施設は運営者によりサービス内容が変更になる場合があります。掲載の生活利便施設の用途は、横浜市市街地環境設計制度の許可(平成29年7月31日付)時点の内容であり、今後行政協議会等により、一部変更となることがあります。生活利便施設及び交流施設は、居住者以外の第三者が使用することができます。

交流の力

この街だから出会える、大きなよろこびがある。

ビッグプロジェクトだから実現できた、多彩なイベントと多彩な施設。
世代を超えた交流が、大きなよろこびを創出。
健やかな毎日を育みます。

多彩な生活利便施設と交流施設

隣接する分譲マンション『ドレッセ横浜十日市場』と一体開発。「ミニスーパー」※1や「コミュニティカフェ」など、多彩な施設を新設。
※1. 2019年秋開業予定(隣接する『ドレッセ横浜十日市場』敷地内)。開業予定時期は変更になる場合があります。また、計画が変更となる場合があります。予めご了承ください。生活利便施設は運営者によりサービス内容が、変更になる場合があります。※2. 生活利便施設は運営者によりサービス内容が変更になる場合があります。掲載の生活利便施設の用途は、横浜市市街地環境設計制度の許可(平成29年7月31日付)時点の内容であり、今後行政協議会等により、一部変更となることがあります。生活利便施設及び交流施設は、居住者以外の第三者が使用することができます。

多彩な生活利便施設と交流施設 イメージ
  • 多彩な多世代交流イベントを開催

    地域交流を促進する「エリアマネジメント」を導入。一年を通して、世代を超えた交流を育む多彩なイベントを開催します。

    image photo
  • シニアのための交流&サービス拠点

    東急不動産HDグループの「ホームクレール」を導入。カルチャースクールなどの多彩なイベントや安心のサービスをお届けする、シニア向けサービスのサポート拠点です。

    image photo

安心の力

この街だからつくれる、大きな安心がある。
シニアフロアとケアフロア、さらに様々な施設やサービスを一堂に。

「大いなる安心」という名をもつ、シニアのための住まい「グランクレール」

「グランクレール」シリーズは、東急不動産ホールディングスグループの総合力と知識、
経験を活かしたシニアのためのライフステージです。
2004年、「グランクレールあざみ野」の開業を皮切りに、
現在、東急線沿線を中心に16住宅(住居数約1,330)を展開しています。
ご健康な方が充実した日々を謳歌するシニア住宅、介護が必要なシニアのための介護住宅。
同一敷地内にシニア住宅と介護住宅を併用した住宅も展開。
安心で快適な暮らしを提供しています。

クレールレジデンス横浜十日市場

シニアフロア シニアフロア

落ち着いた居住空間、多彩なアクティビティ、おいしいお食事を備えています。

・スタッフが24時間常駐
・緊急時は速やかに対応
・健康に配慮したお食事(昼・夕食)のご提供(食事は有料)
・住戸内の清掃等各種サービスのお取次ぎ

将来、介護が必要になった時も安心です。
館内には訪問介護事業所とデイサービスを併設。

年齢を重ねるにつれ、体力の衰えに伴い、家事や入浴など日常のことが辛くなることもあります。その時もシニアフロアで暮らしながら、館内事業者または外部事業者による訪問介護を受けたり、デイサービスに通うなど、外部の介護サービスを自由にご利用いただけます。

image photo
  • 訪問介護とは

    訪問介護員(ホームヘルパー)に自宅へ訪問してもらい、食事、入浴、排泄、衣類の着脱といった日常生活の介助や、料理、洗濯などの生活援助が受けられるサービスです。

  • デイサービスとは

    日帰りで専門スタッフより食事、入浴など日常生活の支援を受けられるサービスです。

ケアフロア ケアフロア

お一人おひとりを大切に考え、ご家族のように温かい介護を提供し、細部までこだわった機能的で快適な住まいです。

・スタッフが24時間常駐
・緊急時は速やかに対応
・認知症にやさしいデザインを採用
・機能性と快適性を重視した設備

グランクレールについて

※掲載サービス及び施設は予定です。※住宅の設備、提供するサービス等については契約内容等によって異なる場合があります。※介護保険のサービスを利用するには要支援認定または要介護認定が必要です。
※外部の介護サービスの利用には別途費用がかかります。※ケアフロアにご入居の際は、別途契約が必要です。
※本掲載内容は2018年3月現在のものです。※詳しくは営業担当者へお問い合わせください。

先進の力

英国スターリング大学認知症サービス開発センターと提携。
【ケアフロア】には、認知症にやさしいデザインを導入。

『グランクレール世田谷中町ケアレジデンス』では、
日本で初めて「認知症にやさしいデザイン」の最高位を受賞。
※「英国スターリング大学認知症サービス開発センター」ホームページリリースより(2017年8月3日現在)

認定証

英国スターリング大学認知症サービス開発センター(DSDC)とは。

  • 英国スターリング大学附属の研究機関で、25年以上にわたり、医療の専門家、建築家、デザイナーからなる多職種のチームで認知症の方々が暮らしやすい環境(認知症デザイン)をつくるための提言やサービス向上のための様々なプロジェクトに取り組んでいます。
  • dsdc

環境の力

暮らしのすべてが揃う、便利な街。
横浜の中でも、ひときわ緑豊かな環境も自慢です。

※掲載の完成予想CGは計画段階の図面を基に描き起こしたものであり、形状・色味等は実際とは異なります。尚、外観形状の細部、照明・排水設備、室外機・雨樋・換気口等の設備機器、敷地周辺の電柱・標識・ガードレール等は表現を省略または簡略化してあります。また、植栽については、特定の季節、時期、またはご入居時期を想定して描かれたものではありません。葉や花の色合い、枝ぶりや樹形は想定であり、実際とは異なります。※敷地の一部は公開空地となっており、居住者以外の第三者が通行することとなります。※モニターの都合上、質感・色等の見え方が実際とは異なる場合があります。
※掲載のイメージイラストは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なる場合があります。
※徒歩分数は1分=80mで算出、距離はすべて現地からの概算です。
※掲載の写真は、平成29年6月に撮影したものです。